8/30 洗面蛇口交換のご紹介!

こんにちは!
さつき水道サービススタッフ岩崎です♪
暑い日が続きますが、皆様体調崩されていませんか?
十分に注意していきましょうね!

では、今回お伺いさせて頂いたのは東京都東久留米市のお客様でした!
「洗面蛇口の水漏れ」とのことで・・・

お伺いして調査させて頂きました!
もともとの蛇口はTOTO製のサーモスタットタイプのものでした。
調べてみると、今はもう生産されていないものでした。

お客様との相談の末、蛇口の交換をさせて頂くことに決まり、シングルレバーのハンドシャワータイプの蛇口に交換です!

ここで「サーモスタット」「シングルレバー」の用語解説という水道屋さんらしいことをしようかと思います…笑


サーモスタット混合栓
給湯温度、水圧が急に変わっても吐水温度をほぼ一定に保つ自動温度調節機能付きの水栓です。左側のハンドルで温度を設定、右側のハンドルで吐水・止水の切り替えができます。
シングルレバー混合栓
ひとつのハンドル操作で吐水・止水の切り替えができます。中にある湯水の加減を調整できるバルブがレバーハンドルと連動しています。シンプルな操作性が魅力です。


お風呂や洗面所では急に冷たい水になったり、熱いお湯になったりするとびっくりするので、サーモスタットタイプ…
片手しか使えない状況が多かったりする台所ではシングルレバータイプ…というように、使う場所によって適した蛇口が設置されている印象です(^^)適材適所ですね。

では、用語解説はそこそこにしまして…

早速蛇口の交換ですが、今回取り付けるシングルレバータイプの蛇口は取付穴が2つに対して、元々付いているサーモスタットタイプの蛇口は3ホール…。
となると、1つ穴があいてしまいますね汗

さぁ、穴があいたままだと格好がつかないので、ここで登場するお助けアイテムが「6149」というものです!
開いている穴を綺麗にメッキプレートで塞いでくれます★

けしょうふた



ではでは、取付してみたお写真をビフォーアフターでご覧ください!


13


いかがでしょうか!

こちらの蛇口は洗面ボウルに向かって右側についていたので、レバーの向きを90度変えて手前に向けることにより、操作性UPと見た目のスタイリッシュさもUPしました

型にはまらず色々な工夫をすることによって使いやすさなどを考えることもプロとしての基本ですので!(キリッ)

お客様にも喜んで頂けました♪
ご利用ありがとうございましたm(_ _"m)


お問い合わせはこちらからどうぞ!お待ちしております(^o^)/