2/17 トイレタンクの中身公開!

こんにちは!さつき水道サービス、サービススタッフの永井です(/・ω・)/お久しぶりです!
2月ももう中旬ですね、ついこの間お正月だった気がするのですが…。うーん。

時の流れの速さを感じつつ、今回はトイレタンクの中の部品をご紹介します!
お客様宅の現場紹介とは違いますが、こういうこともブログにして紹介してみようと思いました。

皆様トイレタンクの中ってみたことありますか?
・・・見たことがある!って方はあまりいないと思います。
水漏れしてる!とか、変な音が聞こえる!とかトラブルになってから覗いてみたって方の方が多いですよね。

なので、このブログを見たことをきっかけにご自宅のトイレタンクの中を見てみませんか?
基本的な部品を2つご紹介します!


まずはこちら、ボールタップという部品です。
写真左側がお客様の使っていた古いボールタップ、右側は今回交換した新しいボールタップです。
部品名はTHYS4Aというものです。

まず、ボールタップとは・・・水の浮力を使って浮き球を上下させ、トイレタンク内の水量をコントロールしているものです。
水がちょろちょろと止まらなくなったというときにはこのボールタップの老朽化や不具合が原因であることが多いです。



IMG_3843



次にご紹介するのはこちら、フロートバルブです。
このときに取り替えたものはTF-10R-Lです!
トイレのレバーを回すとこの部品が持ち上がって、タンク内の水を便器内へ流すという役割があります。

もし触ることができれば触ってみてください!
写真のように手が真っ黒になる場合は、素材が劣化しているので交換の目安です!


IMG_17422

以上二つの部品を紹介させていただきました!
トイレの水漏れというと、大体これらの部品が原因であることが多いです。
こういった部品の寿命は大体7~10年ほど。
もしご自宅のトイレをそれくらい使っていたら、気にかけてもいいかもしれないですね(^^)

お困りごとございましたら、いつでもお伺いしますので、お気軽にお電話ください★